ようこそ食う寝る'S Barへ、 山と温泉と美味しいもの。   暖簾もお酒もご用意できませんが、よろしければ、おいでくださいまし。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
温暖化防止政策について、日本政府は長い間の「国際的に孤立した政策」を放棄しようとしている。つまり「世界でCO2を削減しているのは日本だけ」という状態を少し緩和しようとしているのだ。

そのそも、現代の国際情勢の中で「将来の環境のために自国の利害を損なっても良い」などという国は存在しない。CO2の削減はその国のエネルギー政策に影響を与えるので、国の発展に好ましくないことはいうまでもない。だから、1997年の京都議定書の時には、世界各国は「なんとかして自国の制限を緩めて、競争相手に不利な条件を押しつけたい」という作戦を採った。

個別の国では、アメリカが「調印しても批准せず」という方法をとり、代表団にはゴア副大統領を送ってパフォーマンスをし、国内では批准権をもつ上院が「バードヘーゲル決議(批准せず)」を全会一致で可決するという裏技をやった。

ドイツはどうしたら「国際的にはCO2を削減させて、自分の国は逃れるか」を考え、予備会議をベルリンで行い、結局、東西両ドイツが統合する前の数字を基準にする(1990年基準)ことの了解を取り付けた。

現代の国際情勢を考えると、「地球温暖化」のような呆けた政策が、国の発展を左右するエネルギー政策に影響を与えることを避けたいと考えるのが当然である。それが道徳的に良いとか悪いということはハッキリせず、一方ではGDPの伸びは直接的に国民の幸福に関係するからである。

その結果、「国際的には日本だけが実質的にCO2を削減する」という結果に陥った。このことを良く知っているNHKは、番組で必死に温暖化防止(マイナス6%)を呼び掛け、自らは「1990年比、CO2排出量80%増」を達成した。なぜ、NHKが80%ものCO2を増加させたかというと「その方がNHKが発展する」と言うことである。つまりCO2の排出と発展は不可分であることはNHKもよく分かっていた。

NHKのこの行為をどのように見るべきであろうか? 公共放送が国民に呼び掛ける内容と、放送局の行動が全く異なる。このような矛盾の中からホッキョクグマの誤報、南極の氷の誤報、さらにはツバルについてのやらせ番組が続いたのは当然でもあった。

・・・・・・・・・

さて、その後、2009年になって温暖化のデータに国際的な詐欺が発見され(クライメートゲート事件)、アメリカがほぼ脱離した状態になってから、世界では温暖化についてほとんど関心を失っていた。その時にちょうど、日本では民主党政権が誕生し、鳩山首相の「25%削減宣言」になるのである。

私が「25%削減はできない(書名:「CO2 25%削減」で日本人の年収は半減する)」という内容の書籍を出したのがその直後だが、当時、必ずしも社会の支持を受けたわけではなかった。

温暖化は科学の問題であるが、これを政策として進めるときには、1)日本のようにすべてをカバーするような強力な政策として進める、2)一応、温暖化を意識するが是々非々で進める(ドイツ)、3)国際的には温暖化を使うが実際はやらない(中国)、4)無視する(多くの国)、がある。

NHKや環境省の天下り役人がいなければ、日本も2)か3)の路線だったと思うが、なにしろ「利権」と「誤報」によってまるで日本人の人生よりCO2削減というヒステリックな状態になった。エネルギー政策、個人の生活、学校の教育などすべてにおいて「温暖化を防ぐ」というのがもっとも大切なことのように言われた。

日本の文化を象徴する「義理・人情」は集団においても発揮されるから、情緒的な判断が「誤報」によって定着することが多い。このことは日本を大東亜戦争に導いた時に、「悪い方向に働いた」として後に反省されたことでもあるが、またその轍を踏んでいると言えよう。

・・・・・・・・・

このようなトリックや不誠実、利権から離れて真に日本のためになる「温暖化政策」というのがあるのであろうか? それは「穏やかで国際的にも尊敬され、かつ日本の発展の阻害要因にならない」というものでなければならない。

温暖化は科学の問題だが、「寒冷化するか温暖化するか」については科学者の間でも二つの見解があった。だから俄に決められなかったことは事実であるが、「日本に影響は少ない」ということについては、真剣に議論すれば科学では簡単にケリがつくものである。

気温は「空気の温度」だが、地球の3分の2は海であり、特に日本のように海に囲まれた小さな国の気温は水温に依存する.水温は空気を暖めても直ちにはあがらず、数10年は遅れるから、アメリカや中国のような大陸に温暖化の影響がでてからかなりの余裕がある。

つまり、日本は「仮に温暖化すると大陸国に影響がでる可能性があるので、我が国には関係が薄いが、国際協調という意味からCO2削減に協力する」ぐらいが妥当だったのである。

従って、国内的には「ムダにCO2を増やすようなことはできるだけ避けましょう」ぐらいで良かったのである。たとえば沖縄電力は本来、石炭火力だけでそれがもっとも電気代が安かったのだが、経産省の圧力(CO2を減らせ)で天然ガス火力を導入せざるを得なかった。

つまり、国力を犠牲にしてなにかハッキリしない理由で「世界に貢献」ということを実施していたのである。この原動力は「日本の富を減らしても、自分の富を増やしたい」という官僚と政治家の行動に他ならなかった。

すでに、京都議定書を守ってCO2を削減している国はないし、地球は寒冷化に向かっている。温暖化防止に何の正義もなければ、意味も無い。むしろ、これまで故意に温暖化防止を指導した人の責任を糾弾する時期でもある。

日本は戦後の高度成長で富の蓄積があるが、それを国単位で無謀な政策に費やしていたら、やがて疲弊し、諸先輩が築いた日本を崩壊していくことになるだろう。できるだけ早く「穏やかで常識的な温暖化政策」に切り替える必要があろう。

(平成24年9月15日)

中部大学教授
 武田邦彦 著

---転載終了---

原文はこちら
洗濯機にジーンズを放り込んで・・・・・
数分後に・・・・



あれ?ケータイがないね。。。。。。





はい、やっちまいました(-_-;)

見事に,
洗い→ すすぎ→ 脱水   全工程を終了したケータイ君。。。。
もちろん復活などあるわけなし(ー_ー)!!


さよなら、オイラの携帯電話

みなさんのアドレス&番号も消失しましたので、ご連絡いただければ幸いです・・・
最近ブログの更新をサボっていたら、広告に乗っ取られてた(-_-;)

なので、最近のお気に入りグッズなんぞ載せておこう。

暑い日々が続いているけど
こんなもので割と快適にお昼寝~

ハンモック

Imgp58551.jpg


屋内でも使える様に、折りたたみ式のフレーム付き

IMGP5858.jpg

あとは先日
木曽に行ったとき手に入れた木曽ヒノキの一枚板で、小さなテーブルを作った。

IMGP5861.jpg

オイルステンを塗って、表面にテフロンコート仕上げ
地味な仕上がりがお気に入り。

まあ他にもいろいろとポチットしているけどそれらはおいおいかな~
もう何度木曽路に訪れているだろうか?

数えることもままならない。
愛してやまないこの地。


木曽駒駒ヶ岳から降りてきた僕らは、その足を
奈良井宿へと進める事にした。

中山道に位置する木曽三宿である

妻籠宿

馬籠宿

奈良井宿


僕の一番好きな宿場町である奈良井に案内したいな~と選んだのである。
DSCN1518.jpg

妻籠や馬籠に比べると平地である奈良井宿は見通しよく歩きやすい。
そして他の二宿に比べて広い上に、かなり空いているので、古の宿場の雰囲気を味わうならここがお薦め。

かつて奈良井 千軒と言われた宿場町はその面影を今も色濃く残している。

さあ、ゆるゆると歩こうか

IMGP5568.jpg

宿場まちは今なお宿場として機能していて
お泊り可能なんだよね
すごいことだと思うよ

いつか泊まってみたいな~

DSCN1524.jpg

実にうまく、保存と商売を具現化した場所だと思う

へんに観光地化していなくて、居心地がいい場所なんだ。

来る人、住む人、営む人が、いい塩梅な感覚で混じり合う
とにかく観光気分ではない居心地の良さがある。

こんな場所は少ないと感じる。
IMGP5603.jpg

漆器店にお邪魔して
あれこれ見たり買ったりも楽しい

IMGP5573.jpg
みごとな、ほおすきの色合い

IMGP5576.jpg

楽しい時はあっとゆうまに流れて行くけど、また次回があるものね~



  IMGP5638.jpg

帰りには見事な夕焼けが見送ってくれた
  よい遊山でしたわ
100均で見つけたもの!








ガチャ〇ンの
   食器用スポンジ

洗剤の口に取り付けてボトルを絞れば、・・・・



IMGP5474.jpg

はい、ガチャ〇ン洗いが可能ですわ。

ちょっと楽しい(^.^)

ホームセンターで、かわいい招き猫の蚊遣りを見つけた
思わず買ってしまった。

DSCN1430.jpg

早速使ってみたら、招き猫の目から蚊取り線香の煙が出てきて
思わず笑がこぼれた



今日は七夕
雨降りのデートな織姫と彦星はどぉしてるのやら?


「江戸のしきたり」の本に拠れば
七夕には長屋全員で共同で使う井戸の掃除をしたそうな
一日がかりの掃除が終わると
井戸の清めに使ったお酒のおさがりを
いただく宴会が待っていた

DSCN1419.jpg


さてさて、こちらも
雨音を聴きながら
宴会をはじめようかね
ではと、

DSCN1417.jpg

ワインラックのボトルに手を伸ばした


梅雨明けを待つ今宵
6/18(月)

今日は和宏さんが来てくれた。
一年ぶりの再会だ

和宏さんの新しい車で、讃岐へと高速を走る
もちろん、お目当ては讃岐うろん
うろんが好きではないオイラを虜にした讃岐うろん


一軒目のお店は、ちょいと秘密にしておきたいそうなので、店構えは割愛

DSCN1242.jpg

で、うろんはこんな風でしたね


モーニングうろんを食べてから店を出ると
ろくべえさんと、かおさんが到着

年末年始の赤岳から木曽以来の再会だ

  会いたかったよ~!

さあ、ここからは地元のお二人によるツアーだよ

で・・・・・いきなり高速乗るんすか???
どこまで行くのさ~?



そうそう、金比羅さんにいつか行きたいんですよ~
なんて話を前夜に、きぬさんがしたら

ん? すぐ近くだから行けるよ!
え?マジですか・・・・
段取りしておくよと、予想外の展開だった。

てな訳で、思いもよらぬ金比羅詣でと相成った。


IMGP5422.jpg

いい雰囲気やね

IMGP5421.jpg

ちなみにこの提灯
金って書いてあるのだと思い込んでいたが
じつは「人}の下に「長」と書いてあるそうだ
長生きの祈願とのことらしい。
ちょっとした発見だったね。

延々と続く階段に、途中の踊り場で、河童さんがもうここまででいいやと・・・・

  まってましたそのセリフ!

ほかの皆さんに代参人をお願いしまして

IMGP5419.jpg

さ、二人でBEER飲みに下りましょ(^.^)

階段途中のお店で大ジョッキで乾杯だ

ちょうど一杯飲み終わる頃
代参をお願いしたみんなが戻ってきた

さて、ランチうろん行きますか~



最初に案内してくれたお店は休業だった
またかw

んで、またまた高速使って移動だ。
どんだけ、うろんに熱いんでしょうか(´∀`*)

そしてたどり着いたのは竹清

IMGP5431.jpg


IMGP5430.jpg

おばちゃん、めちゃめちゃ天麩羅揚げてますw


DSCN1294.jpg

ここは卵の天麩羅がお薦めらしいので、卵と海老天で行きますた。
卵天うまっ!
塩を効かせた風味のうろんもイケてます。



続いて

IMGP5434.jpg

「松下」

DSCN1359.jpg

面白かったのは、うろんとラーメンの合い盛りってのがあって
結構な人達が注文していた
話のタネに頼んでみても良かったかも。



この後、栗林公園に案内してもらいます。
IMGP5437.jpg

高松藩藩主、松平公の別荘だったところを、公園として整備し開放している。
かなり広大な公園で、和テイスト溢れる落ち着いたところだった。

IMGP5445.jpg

お抹茶なぞ頂きのんびり

DSCN1315.jpg

池に張り出した廊下にてついついゴロリと寛ぐ
非常に気持ちのいいところだ

DSCN1321.jpg

こんな所に住んだら長閑だね~



IMGP5452.jpg

さて、このあとは、もう一軒
「上原屋本店」

IMGP5453.jpg

ここは竹輪天で


さてさて、いよいよお別れの時間

ろくべえさん、かおさんとはここでお別れです。
また、来月ね~www


IMGP5454.jpg

オイラ達4人は高知へと戻り、途中で温泉

IMGP5456.jpg


なかなかいい湯でした



IMGP5460.jpg

そして、いよいよ羽田への便が飛びます

あ~
楽しくって、嬉しくって、美味しくってな旅もそろそろ終わりです。



DSCN1380.jpg

翼越しの夕日がなんとも旅情にいいアクセントをくれました
  また、行けばいいだけやんね。

オイラの四国遊山はこれにて完結。

金比羅さん、栗林公園編は、きぬさんのブログ
heavenly blueにて近日公開予定

さ、きぬさん
バトンは渡しましたよ、〆をお願いしまっせ!


***追記***
heavenly blueに金比羅参りがUP
こちらから
2012帰郷~讃岐編こんぴら参り

栗林公園編はこちらから
2012帰郷~讃岐編 栗林公園、東の空へ
6/16日(土)

一旦高知市内に戻った僕らは
今回の核心部となる「梼原」へと向かう

三年間通うこの場所は、今では僕の故郷。
なぜ梅雨入りする6月に三年も帰ってるのか


P7041886.jpg

この景色に惚れたからなんだ

雨だろうと台風だろうと構わない
瑞々しく力強い、棚田の景色を ここで見たいのだ。

もちろん、収穫の時期にも素晴らしい景色がここにはあるだろうけど

生命の息吹を最も感じられる
この頃を僕は帰郷の時期に選ぶのだ。

IMGP5367.jpg

 そして、その風景はいつも僕の心も身体も潤してくれる

森には森の、山には山の、海には海の、里には里の、素晴らしい自然が息づいている

    四国の地は、ありとあらゆる自然を内包した宝石箱だ

来年も、きっとこの時期を選ぶのだろうと・・・・




今夜はBBQ
DSCN1164.jpg


久礼の大正町市場でおかーさんが捌いてくれた、イケイケのアオリイカもあるよ

IMGP5338.jpg


IMGP5350.jpg



梼原の猟師Kさんの臭みの無い猪肉や、おかーさんの新鮮な野菜

繰り返される乾杯!

とちこさんの、おにーさん夫婦を交えてBBQは盛り上がる!

もうどんだけ呑んで食べたのよ?って感じでおやすみなさ~いzzzz






翌朝は、里の朝飯だ

DSCN1166_20120627205716.jpg

これがたまらないのよ

美味しいご飯に煮物、味噌汁、なんたって梅干さ

昨年
お手伝いで、ヘタを取ったあの愛おしい梅たちが、梅干となって朝の食卓に並ぶ喜びったら~
  もう最高な気分





食後は、農作業のお手伝いに向かう

IMGP5361.jpg

出発前の 農ガール (NOーGirll)


田んぼの草取り

IMGP5370.jpg

なにやらすごい年季ものの道具で田んぼをえっちらおっちら?
人力で押していく
IMGP5374.jpg

これりゃ大変な作業だぞ~
  美味しい新米に元気に育っておくれ!



ちょこっと手伝ってw
オイラと河童さんはラッキョウの収穫へ
IMGP5376.jpg

これもなかなか大変だったけど、面白かったな!


収穫後はBEERで憩い

IMGP5381.jpg

縁側でスイカね


20120617233920.jpg

気持ちいい場所を見つければ、軽くお昼寝なんぞを   (どこでも寝る地ベタリアン)


さて、昼ご飯だ
IMGP5359.jpg

これまた素朴な里ご飯に舌鼓だわ  IMGP5382.jpg
なんたって米が美味いのよ
もちろん梅干は外せない!





さてさて、名残惜しいが、梼原を後に、高知市内へと向かう時間がやってきた
楽しい美味しいで心は満足だ。

僕らが見えなくなるまで、おかーさんは坂の上で手を振ってくれる
思わずうるっとしてしまったよ
また帰りますからね!




車は高知市内へと走る
ここでは、猿板でお薦めのイタリアン


IMGP5390.jpg

manmaーitalia

わざわざイタリアから、御影石の石焼窯を持って来たツワモノのお店


DSCN1221.jpg

前菜は、子アオリイカ?


DSCN1224.jpg

日高トマトのペンネ
トマトの甘さを生かした絶品!

DSCN1225.jpg

桜肉のタタキかな?
これも美味かった


DSCN1234.jpg

PIZZAもモンクなしな美味さです

女性にはデザート付きだ~w

ここのレベルは相当に高い
東京出店を希望しまつ(^^

さてさて、宴も程よい頃で、明日の讃岐へと期待です。


讃岐編はきぬさんのブログ heabunly blueにて近日公開される予定。

はい、きぬさん
バトンは渡しましたよ(^^♪


お世話になった「猿板」さんの記事はこちらから




***追記***

きぬさんのブログUPです
2012帰郷、讃岐編 金比羅参り

今日、コンビニに行ったら、以前買い損なったブツがあった。
ラッキー!
もう手に入らないと思ってた。

UCCの缶コーヒーのおまけだ。

欲しいものは全て揃えられた(^^)

IMGP5268.jpg


IMGP5267.jpg


IMGP5266.jpg


IMGP5265.jpg


IMGP5264.jpg


IMGP5262.jpg

オマケとは思えないクオリティの高さ!


コンプリート!

かなり嬉しいのだ(#^.^#)
長年連れ添った相棒とお別れした。
じつに沢山の山へ一緒に行ったね。
あれこれ改造して快適な寝台車だったし、どこへでも行けるタフな相棒だったよ。

JEEPチェロキー
  いままでありがとう
IMGP4937.jpg

どなどなど~などーな
あ・・・ちょいと涙が・・・・



とはいえ、春は出会いの季節でもある


はい!
やって来ました
IMGP5119.jpg

SUUNTO 「CORE」 ヴォルケーノ
赤いベゼルが火山をイメージしたオサレなやつ!





IMGP5223.jpg


さらに
「ARCTERYX」の
AXIOSー33L
赤い派手派手な奴だ~


んで、新緑が似合う緑のカブリオレ
   ん〜

春は出会いの季節やね~
BACK  // HOME //  NEXT
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 食う寝る’S Bar all rights reserved.
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

食う寝るさんだ~す

Author:食う寝るさんだ~す
食べて寝て山に行く!
ぐうたらな日々

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク
最近のトラックバック
こっそり
ブログ内検索

RSSフィード