ようこそ食う寝る'S Barへ、 山と温泉と美味しいもの。   暖簾もお酒もご用意できませんが、よろしければ、おいでくださいまし。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前夜の宴会の余韻の残る朝

雨は無く、高曇り

IMGP0329.jpg

とりあえず朝食を食べる。

昨晩ご一緒した4方も食事をして、順次出立
双六小屋までは同じ行程なので、また後ほど!



とりあえず準備してスタート
今日は三俣蓮華を目指そう
IMGP0331.jpg
だいぶ増水してる

IMGP0332.jpg

展望はほぼ無く、えっちらおっちら進み
鏡平へ
意外とツライコースでしたよ?
まぁええかげん歩いて鏡平
IMGP0335.jpg

鏡池の展望は、楽しみにしてただけにちと残念だな~
帰りに期待かな。


小屋に着けば昨夜の三人組とお会いできた。
IMGP0336.jpg

普段は山行中に飲まない事にしてるけれど、今日は特別で・・・

おかげでここから弓折岳までの急登は更にキツかった

IMGP0339.jpg

しかし、ガスが少しずつ上って行き、今後に期待ができそう
 この後は、結構キツイ登りとなるので
ま、のんびり進む
ええかげん標高を稼いだはず

IMGP0343.jpg

そして右に巻いた所で不意に双六の天場が!

おぉ~!
なんかいいね~と声に出た

IMGP0345.jpg

ガスは次第に上へと抜けて行き

天場の全貌と、鷲羽岳の姿も

  ようやく辿りついたよ~

IMGP0348.jpg

もう、今日はここでいいやね
なのでBEER

IMGP0347.jpg

ややガスってるけど、鷲羽岳
遠くに蝶ヶ岳も見える

山の上で飲むBEERは最高!


テント設営して、小屋でまたBEER
夕方には「みっちー」も参加
先日の三人組みも、もちろんね

こうして楽しい時間は過ぎていった


宴会後、今夜は寒いかもな・・・と、シュラフに潜り込みお休みなさい
 明日は晴れて欲しいね



翌日
そんな期待はあっさり裏切られ、朝方からは  暴風雨さ

やること無いので、二度寝、三度寝
やや明るくなってきたので、外を覗くと
隣のテントが凄い事になっている





あぁ~、「きぬさん」生きてるかな?

IMGP0354.jpg

モノ・フレ生命線のペグが抜けて、フライと幕体がはためきまくり
しかも、下を川が流れてるわ

すると、ファスナーが開いて、きぬさんが顔を出した。

恐かったらしく不安な表情だ

が、、、、ここは心を鬼にして、、、、言うよ。



「早いとこ雨具着て、ペグ打ち直してください」

その状況は倒壊寸前ですよ・・・



無事に修復作業を終え、オイラのシェルターに避難
 お茶でも飲みましょ


しばらく二人シェルターで過ごし、雨が小降りになったタイミングで小屋へ移動

台風一過の晴れを期待していたのに
小屋にあるモニターには絶望的な天気図が映し出されていた
 
 低気圧5個って・・・

もう、諦めでしょ
朝から飲んでやる


MILKとBEERで乾杯



IMGP0361.jpg

ブランチはカレーに梅干
(これ合うのですよ、お試しあれ)


IMGP0362.jpg

昼過ぎに外を見れば、大雨に強風
窓のテルテル坊主が物悲しい・・・

さて、昨日の事もあるので、小屋泊にしましょうか?
 続々と逃げ込んでくる登山者をみて、早めに決断

今宵は双六小屋泊


夕方に談話室で飲んでいた、面白そうな二人を誘って
今夜も宴会だ

「katoちゃん」「Rinちゃん」

無人島生活の話に反応して、堪らず誘ったのだった。
いや~、もう記憶なくなるまで呑んだよ

帰宅後に写真見たら、覚えの無い人がたくさん写ってた・・・

またまたお布団で寝て、意外にぐっすり
 良く眠れたぞ


翌朝の天気図も最悪だったので、ここで下山を決めた。
また来ればいい事だからね。


とっとと下り「わさび平」に着けば、「katoちゃん」「Rinちゃん」と再会

あらら~

聞けばバスで戻ると言うので、僕等は車なので送りましょうか?とお誘い。

ご一緒決定で、温泉も同行となった。


IMGP0393.jpg

温泉は「平湯の森」
IMGP0394.jpg

大規模施設だが、なかなかの所なので、お誘いした。

IMGP0395.jpg

IMGP0399.jpg

ここは食事も美味しいのでお勧めですよ。

再会を約束して、松本駅へと向かいお別れ

我々も帰路に着いた。



---結果---

4泊も使って、双六のみの旅であった。
しかもPEEK踏んでないや(笑

まあいいじゃん、そんなのもね!

--------------------------------------------------------------------------------------
その1はこちら

同行のきぬさんレポはこちら
さんざんのお天気で、残念でしたね。
山がまたおいでって招いていると解して再トライを。
鷲羽、水晶、双六あたりはもう10年くらい前の山行なので、記憶がいくらかよみがえりました。
>4泊も使って、双六のみの旅であった。しかもPEEK踏んでないや
吸収したビール量と共にある意味、山のギネス記録ですね。
【2010/08/26 Thu】21:23:32URL // カモシカ #- [ 編集 ]
鏡平
鏡平から 槍ヶ岳&穂高岳は 帰りも見えなかったのかな?
また 来てくださいませ
【2010/08/26 Thu】21:55:49URL // 岐阜ぺんぎん #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/08/26 Thu】21:59:58 // # [ 編集 ]
ぞれも仕方なし
カモシカさん

はい、ま~残念な天気でしたが、それも仕方ないと飲んできました(笑

>吸収したビール量と共にある意味、山のギネス記録ですね。

ま、ギネスは無理でしょうが、かなり飲んできました。
また行けばいいだけです。
【2010/08/26 Thu】22:48:46URL // 食う寝るさんだ~す #EBUSheBA [ 編集 ]
はは
岐阜ペンギンさん

残念ながら、帰りも鏡平の絶景はありませんでした
また、訪れます。
【2010/08/26 Thu】22:51:18URL // マスタ~ #EBUSheBA [ 編集 ]
>4泊も使って、双六のみの旅であった。
素晴らしい。
私らもいつもそのようなもんだ。
突っ込んでも面白くないし
楽しければそれで良しですわw
【2010/08/27 Fri】04:01:49URL // 河童 #P.nK..n2 [ 編集 ]
波乱万丈
のコンビだけど...危機を逆手に直ぐ飲み会に変更(予定通り?)できる、その柔軟さが立派! 
鷲羽を肴にビール飲めれば行った甲斐もあるってもんですね。
【2010/08/27 Fri】12:56:57URL // K林@一休み #W0p.A8Zs [ 編集 ]
晴れても雨でも山は楽しめてなんぼですから(笑)
それに素敵な山仲間との出会いもありますからね!

よっ!  迷コンビ!
【2010/08/27 Fri】13:36:38URL // かっちゃん #- [ 編集 ]
本当に泣ける山行でしたね。
でも宴会はめっちゃ楽しかったです。
温泉もよかった。
送ってくれてありがとう~!!
【2010/08/27 Fri】16:21:43URL // rinko #- [ 編集 ]
あの~、あの嵐の中、わたくし一人で
せんせの縒れたフライ直してあげたり
でっかく重い石運んできたりしてあげたことは
書かないんですかぁ~

あと、それから「平湯の森」いい湯でした。
10個くらい露天があったので
全部制覇しました。
かとちゃん、りんちゃんも喜んでくれて何よりでした。
【2010/08/27 Fri】18:21:03URL // 嵐の中のジャンヌダルク(JD) #8OglAeDc [ 編集 ]
そそっ
河童さん

天気悪いのに進んでも楽しくないもの。
いま出来る最上の楽しみを目指すのがいいですよね~
【2010/08/29 Sun】18:45:58URL // マスタ~ #EBUSheBA [ 編集 ]
わはは
K林さん

ま、晴れると信じて行ったんだけど、結果はこんなでした~。

オイラ達は楽しくなければやらないコンビなので、停滞も楽しんで過ごしますよ。
そこがコンビ組んだ最大の理由かな~。
鷲羽が見れたのは大きな収穫でしたね、それさえ無かったら結構へこんだかも(笑
【2010/08/29 Sun】18:50:11URL // マスタ~ #EBUSheBA [ 編集 ]
そうそう
かっちゃんさん

晴れも良し、雨もまた良し、みんな含めて大自然に身を寄せている僕等ですから、不満なんてありませんよね。
ほんのチョット残念なだけで(笑

今回も素敵な山友ができたのはGOOD!
【2010/08/29 Sun】18:53:36URL // マスタ~ #EBUSheBA [ 編集 ]
あはは
rinkoさん

泣くも笑うも同じ山なり~v-398
楽しいことばかりじゃきっと飽きちゃうよん♪

停滞だから出会えた事に、オイラは感謝だわさ!
また遊んでくださいね~
【2010/08/29 Sun】18:56:56URL // マスタ~ #EBUSheBA [ 編集 ]
ええ
きぬさん

>縒れたフライ直してあげたり
>でっかく重い石運んできたりしてあげたことは
>書かないんですかぁ~

書きません!v-391

でもあんがとさんです(^^ 

結局はどこからが危険で、どこまでがOKかの違いだと思うのです。
あの暴風の中で耐えている、オイラときぬさんのシェルタには決定的な違いがありました。
今度そんな話もしましょうね~。やさ~しく解説します(爆

んで、平湯の森では、全部入ったですか!
その割には早かったですね、あ。。。でも迷子になってましたね(笑
【2010/08/29 Sun】19:09:32URL // マスタ~ #EBUSheBA [ 編集 ]
悪天候だからこそ食う寝るさんや、きぬさんと出会えたですよね~
しかもとっても頼りになるお二人でした。v-218

双六でテントを押さえながら夜を越したことも、今となっては楽しい思い出です。
人間、どんな状況でも楽しめるもんです♪
当時はヒィヒィ言ってて、全然楽しくはありませんでしたが(笑)
【2010/08/30 Mon】11:37:09URL // みっちー #- [ 編集 ]
そうそう
みっちーさん

悪天も楽しまなきゃ損ですよ。
山にいること自体を楽しまにゃです。

おかげで色々と出会いもあり、いい経験もしたことだしって、後で必ず思い出として蘇りますから。
平穏な山より大変な思いをした山行の方が、記憶に残っていたりしますぞ。
【2010/09/01 Wed】21:18:03URL // マスタ~ #EBUSheBA [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://kuttenetenoboru.blog80.fc2.com/tb.php/350-e9573a59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 食う寝る’S Bar all rights reserved.
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

食う寝るさんだ~す

Author:食う寝るさんだ~す
食べて寝て山に行く!
ぐうたらな日々

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク
最近のトラックバック
こっそり
ブログ内検索

RSSフィード