ようこそ食う寝る'S Barへ、 山と温泉と美味しいもの。   暖簾もお酒もご用意できませんが、よろしければ、おいでくださいまし。


木に登った事はありますか?


子供の頃
 僕はよく登りました
  ダンボールでツリーハウスを作ったりしましたよ

田舎モノなので、近所に森がたくさんありました
木々の間を駆け、小川で泳ぎ、虫取りしたり。。。

そんな子供時代って自分の原資だったと今は思います


 
 友人から、妙な仕事依頼が訪れたのは、新年早々
僕の専門からは離れた依頼だったので、断ろうかと思ったけど、飲みついでに話だけは聞きに行く事にした

依頼内容は
「幼稚園の遊具を設計して欲しい」との事だった

しかも聴いてみれば、予算はほとんど無し・・・・
え~っ

ま、友人の依頼なので、とりあえず現場を訪れて、話しだけは聞く事にした

当日は、穏やかな女性の園長さんが迎えてくれた


今回の件を聴く

いわく
 シンボルツリーに子供達が登るのが楽しそうなので、上手く登れる様な物を考えて欲しいとの事だった

ツリーにはハシゴが架けられていて、子供達はそのハシゴを登って遊んでいるとの事



しばらくツリーを見上げていると、子供達が寄ってきて・・・

「ねえねえ、あそこに登れるの~?」
なんて、質問攻め・・・・

子供達は次々と声を上げる


僕は一番上まで登れるよ~

 私は二段目までしか行けな~い

私も五段目まで~、それ以上は恐いから行けな~い


 子供達の声は次々と僕に伝えられた



 そうか
みんなこの木に登りたいんだね


園長さん・・・・

完全に子供を使って僕を嵌めたでしょ?(笑)


敢えて騙されてあげましょう ^^;



オフィスに帰って、簡単なアイデア・スケッチを書いてみた
子供が遊ぶのだから、安全は譲れない
PAP_0005.jpg


なにしろ専門外の事なので、慎重に事を進めた

いろんな子供達が遊べるツリーをイメージして
アイデアを練る
なるべく木の原形を生かすように、シンプルなデザインを考えたつもりだ


小さな子供も登れるように、高さを何度も実側して検討を重ねた

1mしか登れない子、5mまで登れる子
頭をぶつけない様に、頭上に手が届くように

子供達みんなが楽しめるようにと考えた



予算は限りなくゼロとの事なので、その他の算段もいろいろとすることになる

  まずは材料入手だ!

近所の材木屋に飛び込みで事情を話すと、そこの社長さんは「面白い」と共感してくれて

廃材がたくさんあるから使ってくれ!・・・と嬉しい事を言ってくれた

  なんとありがたい!


更に、器材もある物は貸し出してくれるとのこと

自分も手伝わせてくれ!と、なんとも嬉しい事をいってくれた

 まだまだ、捨てたもんじゃないじゃないね、この世の中も!


こうして、オイラの土日の休みは、この工作に費やしていくこととなった
PAP_0011.jpg



1/16(土)から、作業開始
まずはシンボルツリーの木を切る事から

大きな欅の木は、切るのも大変だ
友人と二人、一日がかりで、切って行く

これ大変・・・
PAP_0008.jpg

意外と高度感もあるし(笑)
高いの苦手なんだよ~(-_-;)



PAP_0006_20100130215659.jpg

なんか、ギャラリーの子供や
おかーさん達が集まってきて見てるから恥かしいんだよね




PAP_0001.jpg
そんで、廃材と切った木でベースを作って行く

   基本は八角形とした
P1292023.jpg

こんな感じかな


切った欅の木を柱にしていく
P1292025.jpg

床も貼って、一段目はこんな感じで










P1302028.jpg
二段目を製作

階段も頑張って作ったよ~




さてさて、この後はどうなるやら・・・
行き当たりバッタリの工作だけど、楽しいぞ!


子供達の熱い視線を感じながらの工作は続くのだ


完成したらきっと楽しい遊びだよ
 
  だから

ここで木登りを満喫しておくれ(笑)
きっといろいろな発見があるはずだからさ!



 しかし、これにかかりきりで、しばらくオイラの山行きは無いのか???^^;
  ま、しゃ~ないな、オイラが作るの楽しいのだからさ。
完成まではまだまだかかるな・・・・


で、、、、
あなたも木登りしたくなりませんか~

オイラ作ってて、登りたくなっちゃいましたよ(笑)

オイラ、今月誕生日なのね(笑)

なんかプレゼントあるかな~???
なんて、思ってたら、彼女
こんなのをプレゼントしてくれ・・・・・


kuota6.jpg

んなわけないか^^;





でも、これマジで欲しい!

kuota5.jpg

エアロ形状にヨダレが・・・・
kuota4.jpg


あ~、円高だしありかな~(^^♪

kuota2.jpg

危ない、ポチッとしそう

危険、危険~


こんなの買ったら破産街道まっしぐら~(-_-;)

先日、上高地に遊びに行っての事

えっと・・・・
シェルタの


ポール折れました....


P1112041.jpg

つか、裂けました


無風状態で外気温は-10度位
設営状態に問題無しだったと思う



P1112037.jpg

これヤバイでしょ?
稜線上なら泣いちゃいますよ^^;

幸い補修ポールと自作のカーボン・セカンドポールを持っていたので事無きを得ましたけどね



帰宅後に、モンべりに連絡したら、すぐ新品送ってくれましたけど
  こんな裂け方は心配
韓国製って事なので、おそらくイ☆ストン社製と思われるけど、詳細不明

もしそうなら、国産テントのほとんどが、同じ危険があるんだよな~
P1112043.jpg

依頼した、モンベリからの調査報告待ちですな
1/10(日)~11(月)

そのお話しはいつもこのトンネルから始まる
斜度11%の異空間へのチューブ

P1102007.jpg

真っ暗なチューブを、1.3kmの先へと歩いていくと・・・
そこは光に照らされた別天地


焼岳が待っていた
P1102011.jpg

小雪の舞うこの場所へ、またやって来た
はらはらと舞う雪がうれしくて、そして何故か安堵する

 「やあ、また来たよ」
閉鎖された車道を歩き、大正池まで
ここの景色は大好きだ


ハイシーズン中には、バスで通過してしまう大正池
冬の時期だけに訪れる、神秘的な景色に魅了され続けている
P1102016.jpg

墨絵の様な美しい池の情景は、たまらない画
立ち枯れの木が、高い空を目指している様だ

雪を踏んで進む感触も、浮遊感があって気持ちも浮かれてしまう

のんびりと写真を撮りながら歩き、田代池から梓川沿いに行く
P1102027.jpg

やがて辿り着く河童橋
夏の喧騒が嘘の様に静かな橋に出会える


P1102030.jpg

小梨平に幕営し、早速宴会



しかし、時より吹く風の冷たさから、テント内に移動
二人用テントは、快適に四人を匿うBarになった

ようこそ、ぜいぜい酒店へ!

  あ・・・Barじゃないね・・・
BEERにワイン、ウイスキーとお酒には事欠かない
  酒店だから。。。

おそらく外気温は-10℃ほどだろう
暖かいとは言え無いが、風がないので寒さはそれほど感じない
杯を重ね続けた後
それぞれのテントに戻りオヤスミ~


P1112034.jpg

翌朝はいい天気となった
朝の散歩に行こう

梓川の先に穂高の峰が見える
冷たい空気が体を包み、気持ちのいい朝だ

陽だまりは暖かく、太陽の恵みを全身で受ける
五感が鋭く研がれて行くのを感じる時
こんな時に感じる感情はとても単純だ


「気持ちいいな~♪」


テントに戻り、コーヒーを飲んで、のんびりと寛ぐ
こんなひと時が大好きなんだ

朝ご飯は雑炊
温まるね

のんびり&ゆっくり、、、こんなスタイルが僕には合っている


さ~、撤収して戻ろうか


P1112045.jpg

河童橋から見る景色は、さっきとはまた違う画を楽しませてくれる
いい天気だ

梓川の左岸をゆるゆる進み、時折後ろを振り返っては穂高との別れを惜しむ
P1112058.jpg

やがて大正池へ戻れば、こんな景色だった

P1112073.jpg


P1112064.jpg

噴煙を上げる焼岳と、立ち枯れの木の美しさ
そこに赤のコントラストが映える
写真には残せない美しい画

どうしたらこの美しさを伝えられるのだろう?

そう考えた結論・・・・

  みんなで来ればいいんだ!
それが単純思考の僕の答えだった


帰りの釜トンネルは現実への異空間チューブ
淋しさは拭えない
でもまた来ればいいのだ
そう自分にいい聞かせ、僕はチユーブを通り抜けた


また会いに来るよ!

上高地、何度でも訪れたくなる場所だ

―――――――――――――――――――――――――――――
※メンバー:タッキー、ぜいぜい、emi※


赤岳山行を終えて、オイラの心は満ち足りていた
もう、お腹いっぱいな気分

年末に行くと、ブログで宣言してた 甲武信ヶ岳の恒例の年越しに、やや行く気が萎える・・・
天気予報では、大晦日~元旦は荒れ模様の予報
2つ玉低気圧が予想された

ん~、このまま帰るか?
そんな事も考えたが、例年の楽しい年越しを思い出し、やはり前夜車中泊して向かう事とする
この時期に会える仲間との時間も楽しいしね、天気悪くてもいいか!
帰り道の途中だし^^;

31日早朝
・・とは言えない7:00に目覚ましが鳴る
完全に二日酔い
前夜の寒さで飲み過ぎ(笑)

西沢渓谷駐車場には見慣れた車
 hiroとてる子さんだ
ちと、驚きだ
寒がりの二人が来るなんてね~

準備して三人で登りだす

PC311918.jpg

寒がりのhiroは、「もう帰る」、「今ならまだ帰れる」、「ここで引き返そう」と次々と帰りネタ
 そのたびに、てる子さんがなだめすかす^^;
そんな、てる子さんも実は超寒がりなんだけどね
いいコンビね

急登の徳ちゃん新道を、てる子さんの大嘘で騙し騙し進む
石楠花の群生地の辺りから雪が出てくるのは例年通り
ここまで来れば、もう引き返すまい(笑)

この先の岩場の展望地まで、繰り返す急登祭りには毎年嫌になる
都合のいい記憶改竄で、もうあと少しと自分にも言い聞かせる・・・
しかし、キツイ・・・
赤岳の装備をそのまま下ろさずに来たので、意外と荷も重い
テントあるし、スコップも付いてるし(おバカ)

展望地にでればようやく安堵
ここからは一気に下りとなる

PC311925.jpg

小屋が見えた時はほっとしたよ

さっそく、期間限定の看板娘が出てきてご挨拶
今年も来たよ~

hiroとてる子さんは山頂へ
オイラは山頂よりBEERだよ!
山頂は明日さ~
いつものように甘酒のサービスがありがたい
温まるね


PC311926.jpg

薪ストーブの前に構えて、寛ぎの時間
小屋番の爪さんは忙しく働いているが、小屋主の徳さんは、みんなと飲んでるのもいつもの画だね

ワッキーさんも加わる
お初の、岐阜ペンギンさんの面も割れたし(笑)
山頂から戻ってきたhiroとてる子さんも交えて焼酎お湯割~

恒例の蕎麦打ちも宿泊者を交えて盛り上がる
今年は切るの上手い人が多かったね


夕食は豪華だよ~
PC311927.jpg

PC311930.jpg

PC311929.jpg

PC311936.jpg
カレーは絶品
看板娘のオードブルも沢山

寄せ書きしたり、爪さんの生演奏聴いたりと時間は過ぎていく
振舞い酒に持ち寄り酒と酒宴は進む
PC311941.jpg

小屋番の爪さんの誕生日祝いも恒例だ

消灯の9時まで、大騒ぎの夜は更けて行くのだった



翌朝は朝食を食べてから山頂へ
たったかと登り、日の出を待つ

だんだんと染まって行く景色の荘厳さは、今日ならでの格別な雰囲気


P1011961.jpg

そして
今年も見事なご来光を見る事ができた
  感謝!
P1011968.jpg

P1011967.jpg

富士山も見れたし、いい幕開けだな
御屠蘇も凍る寒さの中で過す時間はなんともいい時だ
IMG_2165.jpg

でも、さぶ~い!  早く小屋へ帰えろっ(笑)


小屋へ戻れば
少しづつ去っていく皆を毎回お見送り
 これがまたいいんだよね、再会を願って!

残ったオイラ達は新年会
P1011975.jpg

豪華だよな~



P1011992.jpg

昼前に期間限定看板娘と一緒に下山
おっと、下山タイム2時間切りましたぜ~
下りは早いね~

P1011996.jpg

下山後は、ほったらかし温泉で富士山と湯を堪能
でも、寒かった・・・

まっ
今年もいい山行で始められました

やっほ~ぃ!






赤岳山行
実はたんなる宴会山でした
今、語る真実!(笑)

PC281820.jpg
まず初日の乾杯!

PC2818211.jpg

あ~・・・・ザックからケースで出てくるのおかしいですからね^^;
驚きっつ~か呆れました(嬉しくて)






⇒ 続きを読む
12.28~30日

念願の山だった・・・
八ヶ岳主峰、冬の赤岳へ

メンバー:河童さん、とちちゃん、Yちゃん、kajiやん
PC281811.jpg

28日の天気は小雪
のんびり赤岳鉱泉を目指す
天気図を見れば、2つ玉低気圧がやってきている
29日のピンポイントでのアタックになるだろう
PC281815.jpg

⇒ 続きを読む
新年 明けましておめでとうございます



今年も素晴らしい年明けを、大好きな甲武信小屋で迎える事ができました

P1010061_20100101222059.jpg

昇る御来光を、震えながらも見る事ができて最高の幕開け




年末には、念願の山へも行けて感動

PC291867.jpg

ふふっ
なんだかいい感じ!


今年もみなさんにとって、良い年でありますように
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 食う寝る’S Bar all rights reserved.
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

食う寝るさんだ~す

Author:食う寝るさんだ~す
食べて寝て山に行く!
ぐうたらな日々

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク
最近のトラックバック
こっそり
ブログ内検索

RSSフィード