ようこそ食う寝る'S Barへ、 山と温泉と美味しいもの。   暖簾もお酒もご用意できませんが、よろしければ、おいでくださいまし。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はい・・・止まりません。

今回は、小道具でナイフ
まぁすでに、何本もあるわけですけど、ついつい購入です。


こんなやつです
IMGP4059.jpg

ミニチュアナイフ
ハンドルは鹿角
ブレードはダマスカス鋼
IMGP4061.jpg

キーホルダーがわりにいけます。
小指ぐらいのサイズ
刃付けは甘く、ペーパーナイフ並みなので、砥石で研ぎますかね~。



んで本命はこれ。

今まで愛用していたお気に入りの
GERBER社の「NAUTILUS」

2004年のブレード・ショーで
「Most Innovative American Design」賞を受賞した、Gerber社のマルチツール
ハサミが付いてるのは便利だね(あとは要らないな)

IMGP4052.jpg


IMGP4054.jpg

ノーチラス・・・たしかにオウムガイの様なデザインだけど、意外やこれが実に持ちやすい形。
 尻尾の黒い部分はLED照明で手元(刃先)を照らしてくれる。

オイラは単純にデザインだけで気に入ってたんだけど。


そんで、今回物欲炸裂はこれだ~!

IMGP4049.jpg

37層ダマスカスブレード、バールウッドハンドルのフォールディングナイフ。

ドイツ・ゾーリンゲン(包丁屋だな)の大手ナイフメーカー
ボーカー(BOKER)
ハンドルのウッドがいい感じだ

IMGP4050.jpg

サイズ[長さ]:約190mm/ブレード長さ:約72mm/重量:約95g/ブレード材:37層ダマスカス鋼/
ハンドル材:バールウッド

ワンハンドオープンを可能にするサムスタッド付き

IMGP4051.jpg

この「ダマスカス鋼」ってのが前から試してみたかったのよん

 二種類の金属を何度も折りたたんで鍛造した鋼(はがね)

波の様な刃紋が素敵~(正確には刃紋ではないが)

大雑把にいえば、日本刀みたいな作りな訳で
ノーチラスの様な
一般的なステンレス切り出して削った刃とは違うのさね。

やっぱ刃物は「ハガネ」でしょう(^^)

叩いて炙って畳んで、炙ってまた叩いて根性鍛えろ~(笑
 村の鍛冶屋ってか?


んで、早速砥石で研いで竹の割り箸を削ってみれば・・・・

もう全然違う!
クルクルと削りカスが出来ていく!

力の入れようがまったく軽い・・・

IMGP4058.jpg

ひょえぇ~

あ、、、、もうだめ・・・削るの快感だわ・・・


こうしてまた、お気に入り道具がふえましたとさ(^^♪ あぁぁ~



   おまけで

ナイフ

ナイフ2

webで拾った画・・・オネェさんの爪が素敵


ダマスカス鋼についての研究レポ
スポンサーサイト
MSR HUBBAHUBBAを購入して浮かれているが
やはり気に入らない点と思わぬ美点があった。

先に気に入らなかったところ

幕体の入口を巻き上げた時の、止める部分が気に入らない。
だいぶ裾が余る位置で、裾がでろ~んと垂れ下がる・・・・

IMGP3822.jpg

しかもフライの巻き上げのクリップ位置とズレているため、まとめて巻き上げられない!
揃っていれば、一緒に巻き上げられるのだが・・

IMGP3896.jpg

ま~これはクリップの位置を移動して縫直していただき解消した。
スッキリ満足満足(^.^)
この違いは大きいい



そんで、次は美点

HUBBAHUBBAは、吊り下げ式なのだが、ポールを刺す場所が、幕体もフライも同じ場所

つまり、フライだけで張ることが可能なのだ

IMGP3840.jpg

フライのみ張ってみた (この状態も使い道あるな~)


てことは、この後に幕体を内側から貼ることも可能って事だね。

IMGP3845.jpg

 そんでやってみたら、問題なく設営できた

この設営方法の利点は

雨の日に、幕体を濡らす事なくたたんでから荷物をまとめれば
 残したフライのみを撤収出来るってこと。


これは便利だ!
ポールスリーブ型のテントにはできない芸当  (オイラのモノフレとかね)


ま、とはいえ
雨の日にオイラは撤収することはおそらく無いけど(笑
またやっちゃいますた・・・・
ふつう買わないと思うブツ(-_-;)




IMGP3937.jpg
             


      鉈(ナタ)






週末は東北へと計画してたけど、天気予報が芳しくなく
結局はのんびりモード

IMGP3864.jpg


IMGP3865.jpg
カマス焼いちゃお~

IMGP3846.jpg
B6君は大活躍

IMGP3877.jpg

ま、富士山みれたし、いいか~
はい、買っちゃいました!

  秋になると物欲が抑えられませんわ~


  んで、新しいテントを購入


obi2.jpg

NEMOのOBIー2と最後まで悩みましたよ。  ↑ これが悩みのタネ



でも、さんざん悩んだ末に選んだのはこの娘です。

IMGP3730.jpg


あ~わかりにくいですね


IMGP3731.jpg

緑のポールがオサレですわ。
 ちなみにペグは赤です・・・素敵



IMGP3733.jpg

特徴的なハブポールシステム



IMGP3737.jpg

美しいフレームワーク


IMGP3741.jpg

幕体を張るとこんな感じ
メッシュなのだけど、余りにも細かいメッシュなので、通気性は無いに等しい。


IMGP3742_20111024192706.jpg

ハブ構造のお陰で、かなり広い空間を作るポールワークが実現されてる
天辺のポールはシエラと同じで天井を広く張り出してくれる


IMGP3749.jpg

もちろん僕の選択は吊り下げ式だ。
スリーブ式はあまり好きではないので。

IMGP3750.jpg

フライを張ってみた
2011年モデルから、フライの色がグリーンに変わった様だ。(以前はオレンジ→黄色)
オイラ的には好みだ。


IMGP3755.jpg

側面視

両側に出入口とかなり大きな前室を持つスタイル
 もう、宴会仕様なわけですよ。

IMGP3771.jpg

幕内には大型のメッシュポケットもあり、小物を管理するのに重宝しそう。
ループもあり細引を回せば、メガネやヘッデン引っ掛けておけるな。
メッシュのおかげで室内は明るい。


カタログでの総重量は1.8kg
 まあ、この広さなら相当に軽い。

ちなみに、そのうち ポールはお約束のカーボンへの改造 を予定している。


オリジナルのポールはかなり重く、実測で480gあった
 カーボン化で250g程にできるだろう。


MSR HUBBA HUBBA かなり気に入ったですわ





IMGP3758.jpg
ついでに買っちゃった「CRAZY CREEK」の座椅子・・・

IMGP3764.jpg

IMGP3767.jpg

IMGP3777.jpg


快適ですわ~

裏庭で試し張りしてみました




IMGP3742.jpg


これいいわ~
かなり気に入ったです(^^♪
近く、オークションに出品予定なのですが、先にここに出してみます。

えっと・・・テント二品

まずは、モンベルのモノフレームシェルタ・ダイア
1234_20111018191419.jpg

昨年購入して、三回張ってます。
一人用のシェルタですけど、二人でも使ったことあります。
充分二人でも利用可能でした。

詳しくは以下のレポで
http://kuttenetenoboru.blog80.fc2.com/blog-entry-276.html



そんで、二人用テント
シエラデザイン製、バーフムーン2
IMGP2680.jpg

これはマジ快適ですよ。

画像 064

設営の簡単さと、前室の広さ&フルオープンドアの使い勝手は宴会に最高!
室内高さもあり、サードポールで天井広げるので開放感がある。
そして長辺側が220cmと広いので荷置きも楽ですわ。

PA080292_20111018191555.jpg
こんな吹雪でもOK(笑

そんで、まず見かけないテントなので天場で探しやすいって恩恵もある(^^♪

詳しくは以下にリンク
http://cascadeloop.org/2005/10/31/214747.html

二つとも、1諭吉でどうでしょう?
張ってみて気に入らなければ、ひと月後までならば、返品もOKですよ~(´▽`)


二つともお気に入りのテントです。

んじゃ?
なんで出品するの?  って聞いてはいけません・・・・・・・物欲モードで・・・・・・つい、いろいろとw


追記


二人用のシエラはお嫁に行く先が決まりました。

モノフレはまだ婚約してません・・・・・
五徳の折れていたMSR・ドラゴンフライを修理した。

IMGP2327.jpg

銅版で巻き込み五徳の折れをロック。
耐火パテで補強して完成。

IMGP2589.jpg
点火してみよう

プレヒートで立ち上がる炎がステキ♪

IMGP2590.jpg

青い炎と燃焼の轟音(爆音?)が、ドラゴンフライの持ち味

IMGP2591.jpg


IMGP2592.jpg

そして、消火後の柔らかい残り火がまた良いのだ。

悦に入りコーヒーでも淹れようかな


そして
今現在、関東圏では入手困難な、ホワイトガソリンを
遠く四国から持っ来てくれた「河童さん」に感謝です。

ありがとう!





オイラのシェルタ

PA181728_20100707213955.jpg

もんべりのモノフレームシェルタ・ダイア


IMGP0207.jpg

こいつにちょいとお遊びでループを縫い付ける

   なんでか?



それは庇が出来るから

トレッキングポールと細引きで、高くフライを張り出せば
日差しを遮れるし、雨の中の炊事とかもいい具合だ

Image2_20110212155042.jpg

とっくにやってたんだけど、すっかり忘れてて、たまたま計画図を見つけたのでUP


これ、ダブルウォールのテントならほぼ応用可能
オイラの二人用テントの「シエラ・ハーフムーン2」にも加工済み。

しょうもないアイデアだけど、使ってみると意外に便利です!

行きつけの蕎麦屋の常連さんと、カメラ談義に華が咲いた。
オイラも相当なカメラ好きだと思うが、先方はつわものだ。

よし、今度カメラ持ってくるよと、話が進む

そのカメラはCanonの古いカメラ
ライカスタイルってやつだった
1959年に二万円程で購入したらしい
IMGP0313.jpg


とんでもなく高価なんですよね???


とにかくかっこいい!

IMGP0314.jpg

質感が素晴らしい
贅を尽くしてる

あ~、時代の先駆性を感じるその重さと仕上げにホレボレ
見ているだけで幸せ
手に取れば更に幸せ

  ん、どうせ押入れの肥やしだからあげるよ
   使ってよ

え?????????
そんなお宝を?
IMGP0317.jpg

さすがに頂くわけには行かないので
お断りしたのだが、気にするなと押し付けられた・・・
   あ・・・・
   ありがと

IMGP0316.jpg

でも、いつ使うの?

なんにしても、50年前のカメラを手にしたオイラは
ニヤケ顔なのだ。

さて、まずは
何を撮ろうか?

****************
追記
****************

webで調べたところ、どうやら「Canon L2」と言う製品らしい。
当時の販売価格は50mmF1.8付きで67.000yen
この頃の大卒初任給は7.000yen程であったとするといかに高価な物であったか・・・
現在の大卒の初任給換算では200万円に相当することになる(^^汗

Team立山なみなさん (だから誰?)

我々のお宿GETしましたよ~

トンガリ屋根の素敵なお家は
BDのメガミッド

愛称=女神ちゃんに決定

IMGP0292.jpg

早速試し張りしてきましたよ。

IMGP0298.jpg

女神ちゃん
河童さんのご好意で、譲っていただけました~

IMGP0294.jpg

さてさて、予定空けといてね。
あの日ですからね(笑)
みんなで宴会楽しみですわ
なお、参加者随時募集中です
// HOME //  NEXT
まとめ
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 食う寝る’S Bar all rights reserved.
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

食う寝るさんだ~す

Author:食う寝るさんだ~す
食べて寝て山に行く!
ぐうたらな日々

カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク
最近のトラックバック
こっそり
ブログ内検索

RSSフィード